近江土山ほうじ茶専門店「丸吉」さん Part2

11/23に行ったお店。ふたたび。
今度は、母を連れて。11/28に。
おつかいもののお菓子を買いたい、ということで。
そして私も、ささやかなお礼の意味をこめたお茶&お菓子を買いたい、ということで。
その日も快晴!

DSC06882

(もう迷いませんでしたよ。笑)

店内へ。
ほうじ茶最中が、並んでいなくて。売り切れかなーと思っていたら。
「もう少しで届きます!」とのこと。
待ちます。笑。
その間に、母にもほうじ茶の説明してくれはったり。
「五 名物 頓宮ほうじ茶」試飲させてもらったり。

プレゼントにしたかったので。
(そして相手さんが、ほうじ茶好きか苦手かもわからなかったので)
万人受け…なタイプのほうじ茶ってありますか?と聞いてみたところ。
オススメしてくれはったのが。
「四 かりがねほうじ茶」
こちらも試飲させてもらいました。

全然違う!五番のと、ほんとに!
ふつーーの舌の私でもわかるくらい違うんです。
この表現はたぶん正しくないかもしれないけど、イメージで言うなら緑茶っぽい。
あんまり焙じてない?(なんだか妙な日本語…)
これなら、もしいわゆる「ほうじ茶」が苦手なひとでも大丈夫な気がします。
うん。
こういう相談が出来るって嬉しいなーと思いました。

可愛いパッケージやし、おいしかったし。
だからプレゼントに選んだけど。
口にするものだからこそ、それだけじゃなくて、どうせなら相手が喜んでくれるものをあげたいわけで。
満足です、めっちゃ。

そんなこんなで届いた焙じ茶最中もお買い物カゴの中に。ほくほく。
1.母のおつかいものカゴ
2.私のプレゼント用カゴ
3.家で食べるおやつ用カゴ
—と、のびのびお買い物。

で。「一 最高級土山ほうじ茶」も、飲ませていただきまして。

DSC06880

母も感動していました。
家帰ってからも言うくらい。笑。
座ってお茶飲みながら、窓の外は青空と紅葉です。
あとすぐ前は国道1号線です。笑。

DSC06881

(座ったままーの景色です。…雰囲気をどうぞ!)
なんだかもう。めっちゃ贅沢。
去年、高知の紅葉を見ることができて。
山の紅葉というものをちゃんと見たのが初めてで。
カラフルでびっくりして。
紅葉は京都だけじゃないと言われて、納得。
当たり前なんやけど、気付いてなかった。

そして。
今年は、滋賀の紅葉をめっちゃ見ました。
いわゆる「名所」には、何ひとつ行ってないけど。
車で走ってるときとか、電車乗ってるときとか。近くに、遠くに、いっぱい。
こんなにあちこち「紅葉」してるんやってびっくりでした。
そんなこともちょっと思い出したり。

で。こちらは家のおやつ購入品。
和菓子。

DSC06897

「焙じ茶どら焼き」と「焙じ茶最中」。
これは五番のお茶が使われてるんだそうです。
ほうじ茶が入っているからか、香ばしいのです。
そして餡が甘さ控えめ…というより、なんかこうやさしい感じ。
餡って結構…お砂糖多かったりすると、どーんと重いんですけど、ふわぁって。
ひとつと言わずもうひとつ…(甘い誘惑)
母は最中派で、私はどら焼き派です。笑。
ま、どっちも美味しいんですけど!

「焙じ茶ロールクッキー」

DSC06905

これ含む洋菓子は四番のお茶が使われているそうです。
ナッツが、この真ん中のナッツがめっちゃいい味出しています。
ほうじ茶とナッツって!言葉にすると不思議やけど、食べたら全く不思議じゃないのです。
あと。この、ロールにする技術がスゴイ。大変なんだそうです。
でもこのロールが可愛い。
ほうじ茶とも、勿論合うのですが、たぶん珈琲や紅茶とも合うと思います。

そして。もうひとつびっくりやったこと。
「ブログに書いてくれはってありがとうございますー」とお店のひとに言われたこと!
偶然検索とかでひっかかったみたい。
……びっくりでした。
いや、でも嬉しかったです。
わかりやすい文章と言って貰ったことも嬉しかったです。
(多分、私の文章には難しい言い回しとかが出てこないからだと思います。小学生でも読める。笑)
母が、おつかいものパート2に、どら焼きを買いたいそうなので。また近いうちに!
(あまり日持ちがしなかったので、このときは買うのをあきらめました)
でも、そういうところも好きやったりします。

賞味期限半年!1年!とかより、1週間とか。1ヶ月とか。
焼き菓子生菓子そういうものにもよると思うけれど、それが「ふつう」やと思うのです。
ほんとにこのお店が近くにできて、めっちゃ嬉しい、です!