ニラ。20人。クラシキ。

img_4205

加工アプリ。
買ったニラはひとつですが。
今夜はキムチ鍋。ほこほこ。
体があったまる!

今年の取材お仕事納めは。。。
ある意味プレッシャー。ですが。
頑張ります。

次で。vol.21なのです。
1人だけ、私お会いできていないので。
合計20人。

ひとごとのように思ってしまうけど。
20人ってすごいですね。笑。

お話を聞きながら。励まされたり。考えさせられたり。

ーーー以下。つらつらと。

「好きなことを仕事にしたい」と。
そう考える方は、少なくないのかも。
でも多分。
その方に、私が言えることはほぼ、ない気がします。

だってこれしかない!から。
こうなっている。のです。

でも。
消極的選択でも。
それでも。自分がこれしかできないことは。自分ができること。

倉敷の古本屋さんが文庫本内で書かれていた言葉の意味を。
なんどもなんども噛み締めています。

鬱々としそうなときには。
今。その文庫本、か。
火野正平さんのエッセイ本をパラパラ読んでいます。笑。

自分がいい芝居ができたと思っても誰も褒めてくれない時もあるし。
全然だと思ってるときに褒められることもあるし。
みたいな部分。とか。

なんかこう。
何回も、読む。読むというより、見る。かな。

情報を集めて書く。じゃなくて。
インタビュー&ライティング。っていう。そこが大事。という話を見て。
思い出してみると。

インタビューも。
よくよく考えれば。広報誌の。裏表紙の。
農家さんご夫婦にインタビュー。か。
農業新聞記事のためのインタビュー。が。初めての経験でした。

知り合いのご夫婦だったので。
インタビューに緊張!というよりは。
記者さんを隣に乗せて運転することが、一番の緊張でした。
(それは今も変わってないかも。たどりつけたら、9割OK!と思っている)
(度胸があるのかないのか。笑)

ーーーーー

倉敷クラシカ
2回、この前を通っているのですが。両方ともお休みだったのです。
つぎこそは!と。
思っています。

でも。出会うべきときに、出会える気もしています。