憑依ライティング。

話を聞く→共感する→感情とか考え方を飲み込む→文章にする
→今度は自分の目線で読み返す(引っかかるところはないか、違和感を感じるところはないか)

演じている感覚に近いのかなと思っていましたが。
「憑依ライティング」!

この言葉を見つけて。
すごく丁寧に説明されているブログ記事を発見。

納得!!!!
これだーー、まさにこれ。
なりきってる。入りきってる。という。
その人の感覚で文章が生まれてくる。(もちろんご本人が話したことがベースにあるのですが)

そもそも自分の意見を仕事として書くことなんてないので。

共感性の高さという、長所なのか短所なのか。。なところが
ここではプラスにはたらいているのですね。

で。
憑依ライティング後の文章を。
客観視するためには
私(自分)の目線で読んで。
違和感を無くして。完了。っていう感じ。

すっきり・・・・・・!!!!!

誰に習ったわけでもなく。
なんとなく感覚的にこうやって書いていて。今に至る。という感じです。
だから終わったら(最後文章にしてお渡ししたら)全部忘れる!!!!綺麗さっぱり。さようなら。

そういう意味では
気持ちとか考えとかのインタビューの方が、本領発揮はできるような気もしますが。
なんせ憑依ですから。笑
精神的には、あまり短期間に詰め込みたくはないなと(精神的に消耗する・・・)

真剣に人の話を聞くって、1日2〜3名が限度のような気がします。。。

あ。
違う人がインタビューした音声データをもらって。というのは
そこまで憑依ライティングにはならない気がする。
パズルの組立、、というイメージです。
あるものをどうにかする。
その音声内にあるものが全てなので(プラスαで調べられることはあるけれど)

ある意味・・・まぁ。気が楽といえば楽と言えなくもない・・・ですかね。
うーん。
もっとここを聞いてーーと思ったこともあるけれど。
まぁ。仕方ないなーー
あるもので料理をしよう。。に近い感じ。

ーーーー

めちゃくちゃたくさんインタビューを受けている人が
インタビュー力をほめて(?)くださり。(直接ではなく)
ちょっと泣けました。笑

そもそも受けたことないのでね。
あ。高知で移住の、はありますが、文章になって。というわけではないし。
某ゆーたーんの、はインタビューされたけれど。それを元に自分で書くという。笑

でもいっぱい受けている人は
その中で比べておられると思うので。。

まぁ。相性とかもありますし。うん。そう!!
合う・合わないは最後、どうしようもない!そうだーー(ということにしておこう)

オンラインでのインタビュー。
たぶん3、40分。のを、月複数回、たぶんやることになりそうです。
社長さんって結構。圧というかオーラというか。
お持ちでいらっしゃるので。
それがある意味オンラインだとちょっと良いふうにはたらく、、、のか?
それともやりにくいのか?
まだまだ未知数。

でもたぶん、なんとかなるんじゃないかなとも思っています。
ビジネスに振り切れているのも、それはそれで。シャキッと。スイッチオンで。

・・・で。とか言いつつ、繋ぐ数分前とか心臓ドキドキですけれどもね!!!!!

しかし、慣れしかありません。だって今後、減ることは絶対ないですからね。
声のトーンを高くしてみる。アクションを大きめにする。
笑うときも口元を手で隠さないとか。。。
(これに意味があるのかないのか。でもとりあえず続けている)

秋物の冬服売り場でも、オンラインで映える服!(カットソー)とかありました。
確かにーーー色。。。大事。
上半身しか見えないし。。。

そうそう。
何回も言いますけど。
お仕事文章はちゃんとしていますのでね。
これは本当に本当に。ただただ。思うがままに。気持ちの整理整頓です。

春から連絡がとだえていた(コロナ影響と思われる)の会社さんからも
久しぶりに連絡をいただき。
某案件のご相談をいただき。
原稿を書く前のチェックリストを、お手伝いしていただいて・・・
めちゃめちゃ助かる・・・・!!!!!(感動)

高知と滋賀のコラボ朝食。(先日の)

今夜も寒いですね。
よく眠って。明日からまた頑張りますーー

(今日はもう寝る!)